保冷剤で消臭剤!

★「保冷剤の有効活用で消臭剤を作りましょう」★ です。

さて、ケーキ屋さんやデパ地下でお惣菜を買った時など必ずついてくる保冷剤ですが、あっという間に溜まってしまいませんか?

捨てるのは何だかもったいない、でも溜まってしまってしょうがないという保冷剤を再利用して、簡単に作れるお部屋の消臭剤の作り方をご紹介します。

★ ~ 保冷剤を使ったお部屋の消臭剤 ~  ★

▼用意するもの
・保冷剤(お好みの量)
・ガラス容器
・お好きな精油
・食用の着色料(お好みで)


▼作り方
1. 保冷剤をハサミで切って、中身をガラス容器に取りだします。
2. お好きな精油を10-20滴加えて、かき混ぜます。
※保冷剤に色をつけたい場合は、精油を加える前に着色料を入れて混ぜてください。

精油は揮発してしまうので、香りがしなくなったらまた精油を加えてください。

玄関、リビング、お手洗いに置いておくと見た目にも涼しげですよ~♪


▼編集後記
100円ショップで売っている水で膨らむ消臭ビーズでも簡単に消臭剤が作れますよ♪ 

小さい粒々を水に浸して数時間経つと、水分を含んで巨大な透明イクラみたいになります^^

そこへお好きな精油を入れれば出来上がりです。

こちらも簡単に作れるお勧めの消臭剤です♪

スポンサードリンク

アロマテラピーミニミニ情報

初心者向けアロマテラピー

アロマテラピーに興味を持ち始め、ハマっている人が増えてきました。自分もやってみたいけど、どこから手を出していいのか分からないって思って、躊躇している人も多いかと思います。
手始めに、アロマオイル(精油)などが置いてあるショップなどに出向き、色々臭いを嗅いでみて好きな精油を見つけてみましょう。好きな香り、嫌いな香り等さまざまあると思いますが、大抵一つくらいは好きな香りが見つかると思いますよ。
それでも、何から試したらいいのか分からない場合は、定番の香りで初心者でも違和感無く使えるラベンダーなどをお勧めします。ラベンダーはスペシャリストな精油で色々な使い方があります。同じ様に、スイートオレンジも定番で取り入れやすい精油なのでお勧めです。

グリーンフラスコ
アロマテラピーの普及を精力的に行う薬剤師・林真一郎氏の立ち上げたブランド。高品質を追求しながらも、簡易包装を試みるなどの工夫で、価格をできるかぎり抑えているのが人気の秘密。
プラナロム
ケモタイプ精油(成分を化学的に分析しているもの)の提唱者であるピェール・フランコムが設立。精油を医薬品と同等に考え、徹底した製品管理のもと、ヨーロッパで医療機関に精油を継続的に販売しています。
フロリアル
野生、または有機栽培の植物を、南フランス高原地帯のコーソールで採取した水を使って抽出した、100%オーガニックな精油。欧米ではメディカル用として使用されています。お店ではアロマケアも併設しており、専属アロマセラピストによるアロママッサージを行っています。
 

※当サイトで紹介した団体や商品などでのご利用については、各自の責任においてお願い致します。
アロマセラピーは、医術や医学ではありません。
不明点や疑問点が生じた場合は、必ず専門機関にご相談されることをおすすめ致します。
また、妊娠中の方、重い病気の方、慢性的な病気のある方などは、事前に医師にご相談ください。
アロマテラピー・ガイドはメーカー、団体とは関係のない個人が運営しています。
アロマテラピー・ガイドサイトマップ | アロマサロン 口コミ | 小顔に見える!田中宥久子(たなかゆくこ)顔筋マッサージ・造顔マッサージの方法 | 納豆の美容効果 | クリスマスツリーとクリスマスリース | クリスマスケーキ | 母の日・花のプレゼント | ノロウイルスの予防と対策 |
初めての方からベテランの方まで役に立つアロマテラピーに関する用語事典・辞典