半身浴

半身浴 みぞおちから下の下半身を精油入りのお湯につける入浴法です。全身浴に比べると、心臓への負担が少なく、じっくりと汗を出すことができます。
しかも、血行促進の効果は、全身浴にひけを取りません。精油は、全身浴に入れる半量~3分の2くらいを加えるようにします。
こんなときに(個人差があります)
のぼせや、脱力感・疲労感を伴うことなく、血行を促進できる。
用途別の精油は、全身浴とほぼ同じ。
方法
  1. 浴槽に、全身浴の半量ほどお湯を張ります。
  2. 湯気が浴室に充満してきたら、精油を2~3滴湯船に落とします。
  3. よくかき混ぜてから、腰までつかります。
コツ・注意点
冷え性や低血圧症に効果的。
入浴時間は30~40分ほど。身体が温まりきらないうちは、肩にタオルをかけておくと冷えを防げる。
濡れても構わない雑誌などを読んで過ごすのもおすすめ。
入浴法

アロマテラピーミニミニ情報

アロマテラピー効果

アロマテラピーの効果には、香りを楽しむだけではなく、心身のバランスを整えたり、不調などの調和をしてくれたりと、悩みなどにも効果があります。その日の気分で香りを変えてみるのもいいと思います。不思議なもので、その時に日によって好みの香りが変わる事があります。大抵そういう場合はその臭いが必要という心身の状態にあると思いますのでそういった変化を楽しんでみるのもいいかもしれません。

ガイア
新鮮な状態で製品を提供するために、世界各国の生産者から直接原料を仕入れて流通経路を短縮。変質や酸化を防ぐため、自社工場で1本ごとに窒素ガスを充填するなど、最善の工夫をしています。
ファーム富田
北海道の大地で育てたラベンダー(ようてい、はなもいわ、濃紫早咲、おかむらさき)を独自の蒸留機で抽出。ラベンダー精油のみの取り扱いになりますが、そのすばらしい香りは格別です。
ジュリーク
南オーストラリアの大地で、バイオダイナミックという徹底した無農薬栽培にこだわって原料を栽培。そのため、深く豊かな香りを放ち、パワフルな生命力を感じさせる精油です。
 

※当サイトで紹介した団体や商品などでのご利用については、各自の責任においてお願い致します。
アロマセラピーは、医術や医学ではありません。
不明点や疑問点が生じた場合は、必ず専門機関にご相談されることをおすすめ致します。
また、妊娠中の方、重い病気の方、慢性的な病気のある方などは、事前に医師にご相談ください。
アロマテラピー・ガイドはメーカー、団体とは関係のない個人が運営しています。
アロマテラピー・ガイドサイトマップ | アロマサロン 口コミ | 小顔に見える!田中宥久子(たなかゆくこ)顔筋マッサージ・造顔マッサージの方法 | 納豆の美容効果 | クリスマスツリーとクリスマスリース | クリスマスケーキ | 母の日・花のプレゼント | ノロウイルスの予防と対策 |
初めての方からベテランの方まで役に立つアロマテラピーに関する用語事典・辞典