ローズウッド

ローズウッド 学名:Aniba rosaeodora
科名:クスノキ科
原産地:ブラジル
抽出部位:樹部
抽出方法:水蒸気蒸留法
別名ボアデローズ。ウッディでスパイシーな中にバラに似たフローラルな香りをあわせ持っています。美しさと香りの良さで木材としても人気で、高級家具などに使われます。気分を落ち着け、リラックスさせてくれると言われています。夜の入浴前に使うと、さらに効果的。
こんなときに(個人差があります)
精神面 肉体面 美容面
心のバランスを取る
リフレッシュ効果
精神浄化作用
免疫力アップ
抵抗力・抗ストレス力アップ
皮膚再生作用
敏感肌・老化肌・乾燥肌の改善

ブレンドしやすい精油
イランイラン、コリアンダー、クローブ、サンダルウッド、シナモンリーフ、シダーウッド、ジャスミン、ゼラニウム、パチュリー、パルマローザ、フランキンセンス、プチグレン、ベチバー、ローズマリー
使い方
入浴◎
マッサージ◎
吸入◎
ルームフレグランス◎
湿布◎

※◎向いている、○適量で、△低濃度で、×不向き

注意点
妊娠中は、入浴・マッサージの使用は控える
この精油を使ってみましょう!
【ローズウッド1ml単位 量り売り】アロマージュオリジナル エッセンシャルオイル

アロマテラピーミニミニ情報

日本アロマテラピー学会

日本アロマテラピー学会は、アロマテラピーを医療に取り入れ、活用、応用する為に発足された研究団体です。
臨床医を中心に医療従事者で構成されています。
発足は1997年7月。「メディカルアロマテラピー連絡会」という名で活動をしていました。
同年11月、正式に「日本アロマテラピー学会」に昇格し本格的に活動を開始するようになりました。
ここで言う医療従事者とは医師、看護師、助産師、保健師、薬剤師、鍼灸師、栄養士などの方達を示しています。

フランシラ
フィンランドのきれいな土壌と無農薬栽培、種から製品化まで徹底した管理のもと作られている精油。
プラナロム
ケモタイプ精油(成分を化学的に分析しているもの)の提唱者であるピェール・フランコムが設立。精油を医薬品と同等に考え、徹底した製品管理のもと、ヨーロッパで医療機関に精油を継続的に販売しています。
ライブラナチュテラピー
「ラィブラ香りの学校」の代表講師・林伸光氏が立ち上げたブランド。アロマテラピーとハーブの研究から得た知識をもとに、選りすぐりの植物種から採取したハイグレードな精油を提供。
 

※当サイトで紹介した団体や商品などでのご利用については、各自の責任においてお願い致します。
アロマセラピーは、医術や医学ではありません。
不明点や疑問点が生じた場合は、必ず専門機関にご相談されることをおすすめ致します。
また、妊娠中の方、重い病気の方、慢性的な病気のある方などは、事前に医師にご相談ください。
アロマテラピー・ガイドはメーカー、団体とは関係のない個人が運営しています。
アロマテラピー・ガイドサイトマップ | アロマサロン 口コミ | 小顔に見える!田中宥久子(たなかゆくこ)顔筋マッサージ・造顔マッサージの方法 | 納豆の美容効果 | クリスマスツリーとクリスマスリース | クリスマスケーキ | 母の日・花のプレゼント | ノロウイルスの予防と対策 |
初めての方からベテランの方まで役に立つアロマテラピーに関する用語事典・辞典