アロマテラピー・ガイドTOP 今週のアロマレシピ > ショックを受けた心に、鎮静の香り

ショックを受けた心に、鎮静の香り

生きていると、いいことばかりではありません。

「何もかも投げ出してしまいたい・・・」と、絶望感にうちひしがれてしまう時が、誰にでも必ずあるものです。

そんな時にも、力になってくれるのが、香りです。

今週のこの一本 → 「メリッサ

別名「レモンバーム」とも呼ばれ、ハーブティーなどとしては手頃な価格ですが、精油分はごくわずか、精製に手間がかかるので、高価な精油です。

しかし、心のストレスや緊張に対して、的確かつおだやかに働きかけてくれます。

☆★ おすすめレシピ ★☆

「お手軽芳香浴」

メリッサ 1~2適
ティッシュペーパーに精油をたらし、鼻に近づけて香りを吸い込みます。

感情のバランスを取り戻させ、事態の好転に向けて踏み出すための、心の立て直しを手助けしてくれるでしょう。


メリッサのご紹介ページ

通販 DHC アロマ情報館もお立ち寄り下さい。

==== お役立ちサイト!「西川史子流アンチエイジング」====

先日「はなまるマーケット」に出演された、現役美人女医・西川史子さん。

「はなまるカフェ」のコーナーで、「アンチエイジング3原則」をお話しされていました。

「美は、人生を楽しむための手段」と言う西川先生、手間をかけずに毎日簡単に実践できる3つの方法を、完全再録したサイトです!

見逃した方もこれで安心ですよっ!

西川史子流・オススメ! 簡単アンチエイジング法

アロマテラピーミニミニ情報

アロマテラピー検定

アロマテラピー検定には、日本アロマ協会の資格を受ける方が多く、最も代表的な手段といえましょう。この協会の資格は日本アロマ協会が健全な普及と発展の為に設定した資格で、アロマ検定1・2級があるうち、1級を取得した場合には協会に入会するという方法があります。
アロマ協会の資格には5つ種類があり、アロマテラピー検定2級・1級を習得した後、日本環境アロマ協会に入会し、次のステップの受講資格を得たあと、アドバイザー、インストラクター、セラピストの順に検定を受けます。

ロバートティスランド
アロマセラピーの先駆者として世界的に著名なロバート・ティスランド氏が創立。彼自らが原料の探求、買いつけ、選び抜かれた精油の評価に長い歳月を費やし、精油の品質を管理しています。
モーリスメセゲ
フランスのハーブ治療の第一人者、モーリス・メセゲが厳選した、無農薬・無化学肥料栽培の植物で作られた精油。1瓶ごとに、有効成分の量や質の違いを表記した成分分析表がついています。
ファーム富田
北海道の大地で育てたラベンダー(ようてい、はなもいわ、濃紫早咲、おかむらさき)を独自の蒸留機で抽出。ラベンダー精油のみの取り扱いになりますが、そのすばらしい香りは格別です。
 

※当サイトで紹介した団体や商品などでのご利用については、各自の責任においてお願い致します。
アロマセラピーは、医術や医学ではありません。
不明点や疑問点が生じた場合は、必ず専門機関にご相談されることをおすすめ致します。
また、妊娠中の方、重い病気の方、慢性的な病気のある方などは、事前に医師にご相談ください。
アロマテラピー・ガイドはメーカー、団体とは関係のない個人が運営しています。
アロマテラピー・ガイドサイトマップ | アロマサロン 口コミ | 小顔に見える!田中宥久子(たなかゆくこ)顔筋マッサージ・造顔マッサージの方法 | 納豆の美容効果 | クリスマスツリーとクリスマスリース | クリスマスケーキ | 母の日・花のプレゼント | ノロウイルスの予防と対策 |
初めての方からベテランの方まで役に立つアロマテラピーに関する用語事典・辞典