夏の冷房対策3

一気に「夏全開」!

体が暑さについていけませんね~・・・。

冷房がガンガン効いた室内と、カンカン照りの屋外の温度差は、すごいものがあります。

ついついシャワーですませてしまいがちな夏ですが、体調管理の第一歩として、バスタイムを見直してみませんか?


今号は、
★「夏は半身浴」★ です。


汗や冷房などで、じつは想像以上に冷えている、夏のカラダ。

なんともいえない「だるさ」は、「暑さ」ではなく、「冷え」から来る血行不良が原因のことも多いんです。

そこで、夏におすすめしたいのが「半身浴」。
のぼせず、効果的に血流をアップできます。


今週のこの一本 → 「ゼラニウム」。


リラックス効果と、ホルモンバランス調整のはたらきもあり、

冷えと疲れをやわらげてくれます。


☆☆ おすすめレシピ ☆☆

「半身浴」

ゼラニウム 2滴

浴槽に、半分くらいまでお湯を張り、ゼラニウムの精油を落とします。

良くかき混ぜて、額にうっすらと汗をかくくらいまで入浴します。

時間にして、20~30分くらい。

お湯の中で足のマッサージをおこなうと、むくみもすっきりして、一石二鳥です。

ゼラニウムのご紹介ページ

通販 DHC アロマ情報館もお立ち寄り下さい。

アロマテラピーミニミニ情報

アロマテラピーの効能

アロマテラピーの効能にはいったいどういったものがあるのでしょうか? エッセンシャルオイル(精油)の楽しみ方には、アロマポッドに精油を垂らして使用する芳香浴や、スチームや洗面器などにお湯を張り精油を垂らして蒸気を吸入する方法、スプレー、入浴、湿布、マッサージ、石鹸作り等のクラフト作りなどいろいろな楽しみ方がありますね。
これらの効果には、皮膚から吸収(マッサージや入浴)し、直接身体に作用する物と、芳香浴など鼻から香りを間接的に吸入して脳に働きかける二つに別れています。
そうした自然の恵みや、精油をはじめとするオイルや基材を用いて行う、施術・手技などの”植物芳香療法”のことをアロマテラピーと言います。

ラ・フロリーナ
ドイツの自然療法士であるフスザンネ・F・リチィ氏のセレクトによる、個性的で美しい香りが人気のブランド。可能な限り有機栽培、または野生の植物から採取したものを原料にしています。
マギーティスランド
世界的に著名なアロマテラマピー専門家・マギーテイスランドが、原産地を歩き厳選し、品質にこだわった精油。パッケージやパンフレットを再生紙にするなど、環境への配慮も重視。
ル・ネール
ルドルブ・シュタイナーが提唱したバイオダイナミック農法(惑星などの動きに合わせて農作業をコントロールする農法)による植物などを原料としたアロマブランドです。
 

※当サイトで紹介した団体や商品などでのご利用については、各自の責任においてお願い致します。
アロマセラピーは、医術や医学ではありません。
不明点や疑問点が生じた場合は、必ず専門機関にご相談されることをおすすめ致します。
また、妊娠中の方、重い病気の方、慢性的な病気のある方などは、事前に医師にご相談ください。
アロマテラピー・ガイドはメーカー、団体とは関係のない個人が運営しています。
アロマテラピー・ガイドサイトマップ | アロマサロン 口コミ | 小顔に見える!田中宥久子(たなかゆくこ)顔筋マッサージ・造顔マッサージの方法 | 納豆の美容効果 | クリスマスツリーとクリスマスリース | クリスマスケーキ | 母の日・花のプレゼント | ノロウイルスの予防と対策 |
初めての方からベテランの方まで役に立つアロマテラピーに関する用語事典・辞典