花粉症対策その3

今週も引き続き、「花粉症対策」をお届けします。
花粉症の方は、「からだがこわばっている」のだそうです。

確かに、くしゃみが止まらなかったり、鼻づまりで不快この上なかったり、目がかゆくて、たまらなかったら、知らず知らすのうちに、肩や首がこってしまいますよね。
体の「コリ」をほぐしてゆるめると、多少は楽になりますよ。

ローマンカモミール

今週の一本 →  「ローマンカモミール」



リンゴのような、フルーティーな香り。
マイルドなので、小さなお子さんにも使えます。

痛みや炎症によいハーブとして、ヨーロッパで古くから使われてきました。

手軽な方法は「温湿布」。
精油を1~2滴入れたお湯にタオルをひたして、肩や首に当て、温湿布をします。

首の後ろはとくにスッキリしますよ。精油を1~2滴落とします。

ローマンカモミールのご紹介ページはこちらです。

ローマンカモミールのご紹介ページ→ローマンカモミール

アロマテラピーミニミニ情報

アロマテラピーアドバイザー

近年アロマテラピーに関する資格を取得する人がとても増えてきています。また、アロマテラピーの資格には様々なものがあります。
その中のアロマテラピーアドバイザーという資格があります。
アロマテラピーアドバイザーになるには、まずアロマテラピー検定の1級・2級を習得し、その後日本アロマ環境協会に入会します。続いて、アロマテラピーアドバイザー認定講習会を受講後、登録手続きを取り、その後認定証が授与されます。
お手元に届くことで、アロマテラピーアドバイザーとして認定されたことになるのです。
認定講習会を受ける場合は、受ける場所が日本アロマ環境協会の認定校かどうかを確認し、アドバイザーの講習会を受けられるかどうか確認してから受講してください。

サノフロール
長年かけて研究してきた蒸留技術を駆使し、ベテランスタッフが常駐する自社工場で精油を製造。品質には定評があり、母国フランスはもちろん、日本の医療機関でも使用されています。1972年創設のフランスのブランド。オーガニックハーブの栽培から精油の蒸留までの一貫した製造体制が整います。
ニールズヤードレメディーズ
1981年に創立された英国の老舗ブランド。高品質な精油を提供するため、世界各国の産地に赴き、品質の厳しいチェックがなされています。英国土壌協会のオーガニック認定も取得。
フランシラ
フィンランドのきれいな土壌と無農薬栽培、種から製品化まで徹底した管理のもと作られている精油。
 

※当サイトで紹介した団体や商品などでのご利用については、各自の責任においてお願い致します。
アロマセラピーは、医術や医学ではありません。
不明点や疑問点が生じた場合は、必ず専門機関にご相談されることをおすすめ致します。
また、妊娠中の方、重い病気の方、慢性的な病気のある方などは、事前に医師にご相談ください。
アロマテラピー・ガイドはメーカー、団体とは関係のない個人が運営しています。
アロマテラピー・ガイドサイトマップ | アロマサロン 口コミ | 小顔に見える!田中宥久子(たなかゆくこ)顔筋マッサージ・造顔マッサージの方法 | 納豆の美容効果 | クリスマスツリーとクリスマスリース | クリスマスケーキ | 母の日・花のプレゼント | ノロウイルスの予防と対策 |
初めての方からベテランの方まで役に立つアロマテラピーに関する用語事典・辞典