アロマテラピー・ガイドTOP アロマレシピ症状別 > 目が疲れた時、ドライアイが気になる時

目が疲れた時、ドライアイが気になる時

おすすめ精油
  • ラベンダー・・・鎮痛作用と、むくみを取る。
  • ローズ・・・炎症と痛みを緩和し、リラックスさせる。
  • ローマンカモミール・・・炎症、痛みを抑える。

方法
・全身浴
  • ラベンダー4~5滴
  • 精神的な緊張やひどい肩こりの影響で、目の疲れを感じるときにおすすめです。38~40度くらいのお湯に精油を加え、ゆっくりと入浴します。お湯の中で全身をマッサージするのもよいでしょう。

・温湿布
  • ラベンダー1滴
  • 洗面器に熱めのお湯を入れ、精油を落とします。タオルを浸し、固く絞って、まぶたや首の後ろに当てます。時間は5分~10分ほど。目の回りを軽く押して刺激することも、血行をうながします。

・マッサージ 目が疲れた時、ドライアイが気になる時
  • ラベンダー1滴+ローズヒップオイル10ミリリットル
  • マッサージオイルを作り、目の回りに塗ります。中指と薬指の腹で、目頭の上からぐるりと円を描くようにマッサージ。5回ほど繰り返します。目の下は指で軽くとんとんたたきます。

アロマテラピーミニミニ情報

アロマテラピー1級

アロマテラピー1級は日本環境アロマ協会の検定です。
1級の資格の内容は、アロマテラピーをご家族や友達、周囲の方々と楽しんだり、健康・精神面に役立てる為の性能や効能・効果などの知識を検定するものです。
アロマを趣味程度に考えてる方でもこの資格を取得しておくだけで、趣味の幅が広がり、ご家族やお友達と楽しんだり、自分自身で香りを楽しんだりする知識が得られます。
また、アロマを仕事にしようと考えてる方は1級は次のステップ(アドバイザーやインストラクター)の資格の受験条件にもなっているので、資格取得の入り口として認識されていたりします。
試験の内容は2級の内容にプラスして、20種類の精油のプロフィールや基礎知識、歴史や利用法などアロマテラピーに関する問題が出題されています。

アナリュテージ
ラベンダー18種、ユーカリ15種、育成法にもこだわり、日本で唯一、化粧品として認可を取った高品質な精油が、全150種揃う。美しい赤いオリジナルボトルが印象的。
モーリスメセゲ
フランスのハーブ治療の第一人者、モーリス・メセゲが厳選した、無農薬・無化学肥料栽培の植物で作られた精油。1瓶ごとに、有効成分の量や質の違いを表記した成分分析表がついています。
ナチュラルタッチ
原料の産地選択からこだわり、化学肥料がいっさい使用されていない植物のみを使用。その妥協しない姿勢が評価され、アロマセラピストや病院など、プロの分野でも愛用されています。
 

※当サイトで紹介した団体や商品などでのご利用については、各自の責任においてお願い致します。
アロマセラピーは、医術や医学ではありません。
不明点や疑問点が生じた場合は、必ず専門機関にご相談されることをおすすめ致します。
また、妊娠中の方、重い病気の方、慢性的な病気のある方などは、事前に医師にご相談ください。
アロマテラピー・ガイドはメーカー、団体とは関係のない個人が運営しています。
アロマテラピー・ガイドサイトマップ | アロマサロン 口コミ | 小顔に見える!田中宥久子(たなかゆくこ)顔筋マッサージ・造顔マッサージの方法 | 納豆の美容効果 | クリスマスツリーとクリスマスリース | クリスマスケーキ | 母の日・花のプレゼント | ノロウイルスの予防と対策 |
初めての方からベテランの方まで役に立つアロマテラピーに関する用語事典・辞典