眠りたいのに眠れない時

おすすめ精油
  • クラリセージ・・・神経の緊張を鎮める。
  • サンダルウッド・・・緊張をやわらげる。
  • スイートオレンジ・・・不安や緊張をほぐす。
  • ネロリ・・・心を穏やかにして安眠をうながす。
  • ベルガモット・・・不安や動揺を落ち着かせる。
  • ラベンダー・・・心地よい眠りを誘う。
  • ローズ・・・ゆったりとした気分をつくりだす。
  • ローマンカモミール・・・不安感を軽くする。

方法
・芳香浴
  • その1 ラベンダー1滴
    ティッシュペーパーに精油をたらし、内側にしておりたたみ、枕の下に入れます。
  • その2 ローマンカモミール、クラリセージ、ベルガモットいずれか5滴
    アロマポットやオイルウォーマーで部屋に香らせます。

・半身浴
  • ラベンダー3滴+クラリセージ2滴
  • 38度くらいのぬるめのお湯を、浴槽に半分ほど張り、精油を落とします。良くかき混ぜてから、腹部から下をつけ、20分ほどゆっくりと暖まります。全身の力を抜いて、そっと目を閉じ、香りを深く吸い込むようにします。

・首から肩・背中のマッサージ
  • ネロリ2滴+ホホバオイル20ミリリットル
  • 精油とオイルをよく混ぜます。両手にとって、首すじから肩全体の筋肉をまんべんなくもんでいきます。相手がいる場合には、背中をゆったりとさすってもらうのもいいでしょう。

アロマテラピーミニミニ情報

アロマテラピーインストラクター

アロマテラピーが好きになり、その魅力に魅せられた方で、アロマテラピーに関する仕事を真剣にしたいと思うひともたくさんいることでしょう。では、どんな仕事があるのでしょうか。
アロマテラピーの仕事には大きく分けて3つあります。
ここでは日本アロマ協会の資格を基準として考えます。
3種類とは、アロマテラピーアドバイザー、アロマテラピーインストラクター、アロマセラピストになります。

フロリアル
野生、または有機栽培の植物を、南フランス高原地帯のコーソールで採取した水を使って抽出した、100%オーガニックな精油。欧米ではメディカル用として使用されています。お店ではアロマケアも併設しており、専属アロマセラピストによるアロママッサージを行っています。
ル・ネール
ルドルブ・シュタイナーが提唱したバイオダイナミック農法(惑星などの動きに合わせて農作業をコントロールする農法)による植物などを原料としたアロマブランドです。
ナチュラルタッチ
原料の産地選択からこだわり、化学肥料がいっさい使用されていない植物のみを使用。その妥協しない姿勢が評価され、アロマセラピストや病院など、プロの分野でも愛用されています。
 

※当サイトで紹介した団体や商品などでのご利用については、各自の責任においてお願い致します。
アロマセラピーは、医術や医学ではありません。
不明点や疑問点が生じた場合は、必ず専門機関にご相談されることをおすすめ致します。
また、妊娠中の方、重い病気の方、慢性的な病気のある方などは、事前に医師にご相談ください。
アロマテラピー・ガイドはメーカー、団体とは関係のない個人が運営しています。
アロマテラピー・ガイドサイトマップ | アロマサロン 口コミ | 小顔に見える!田中宥久子(たなかゆくこ)顔筋マッサージ・造顔マッサージの方法 | 納豆の美容効果 | クリスマスツリーとクリスマスリース | クリスマスケーキ | 母の日・花のプレゼント | ノロウイルスの予防と対策 |
初めての方からベテランの方まで役に立つアロマテラピーに関する用語事典・辞典