アロマテラピー・ガイドTOP アロマテラピー基礎知識 > 精油の保存法その3「理想はワインセラー」

精油の保存法その3「理想はワインセラー」

精油を購入したら、直射日光の当たらない、風通しの良い冷暗所に保管しましょう。ワインを寝かせる温度(15~20度)が最適です。

特に避けたいのは、湿気と火気。バスタイムによく使うからといって、バスルームに置きっぱなしにすることは絶対に避けましょう。
劣化を進め、精油の寿命を縮めてしまいます。また、湿度で瓶のフタが開かなくなってしまう可能性も。冬場は暖房器具から離れた所に保管を。エアコンやファンヒーターの温風は大敵です。

おすすめは、木箱や缶の中で保存する方法。バラバラにもならないし、持ち運びも一度で済みます。

湿度が気になる時は、お菓子や乾物に入っている「乾燥剤」を一緒に入れておきます。
スポンサードリンク

アロマテラピーミニミニ情報

アロマテラピーのサロン

最近、アロマテラピーの人気が高まるに連れて、アロマのサロンもしだいに増えてきていますね。
仕事や家事、育児など知らず知らずのうちに疲れやストレスがたまってきたりすることもあり、リラクゼーションの一つとして、アロマテラピーに期待されているのが、ストレスケアや美容、スキンケア等です。
また、ご自宅でアロマを焚いたり楽しんだりするのも良いですが、たまにはサロンに出向いてみるのもいいと思います。
サロンにはアロマ専門のセラピストがいますので、ストレスや仕事などで溜まっている疲れた身体をアロマセラピストに直接触れてもらうことで、ストレス緩和やホッとした温かい気持ちを感じる事ができ、心身ともに和み、癒されることでしょう。
精神面・身体面の両方で満足感を大きく得られると思います。

フロリアル
野生、または有機栽培の植物を、南フランス高原地帯のコーソールで採取した水を使って抽出した、100%オーガニックな精油。欧米ではメディカル用として使用されています。お店ではアロマケアも併設しており、専属アロマセラピストによるアロママッサージを行っています。
メドウズ
選び抜いた原材料を直接仕入れ、自社で分析器を通して品質を厳しくチエック。イギリスをはじめとする各国のアロマセラピストたちからも、高品質な精油として高い支持を集めています。
ジュリーク
南オーストラリアの大地で、バイオダイナミックという徹底した無農薬栽培にこだわって原料を栽培。そのため、深く豊かな香りを放ち、パワフルな生命力を感じさせる精油です。
 

※当サイトで紹介した団体や商品などでのご利用については、各自の責任においてお願い致します。
アロマセラピーは、医術や医学ではありません。
不明点や疑問点が生じた場合は、必ず専門機関にご相談されることをおすすめ致します。
また、妊娠中の方、重い病気の方、慢性的な病気のある方などは、事前に医師にご相談ください。
アロマテラピー・ガイドはメーカー、団体とは関係のない個人が運営しています。
アロマテラピー・ガイドサイトマップ | アロマサロン 口コミ | 小顔に見える!田中宥久子(たなかゆくこ)顔筋マッサージ・造顔マッサージの方法 | 納豆の美容効果 | クリスマスツリーとクリスマスリース | クリスマスケーキ | 母の日・花のプレゼント | ノロウイルスの予防と対策 |
初めての方からベテランの方まで役に立つアロマテラピーに関する用語事典・辞典