アロマテラピー・ガイドTOP アロマテラピー基礎知識 > 精油の買い方その3「すみずみまで念入りに確認!相場も参考に」

精油の買い方その3「すみずみまで念入りに確認!相場も参考に」

瓶の表示を細かくチェックします。原料の学名・原産地・抽出部位・抽出方法は必ず確認すること。さらに、生産された時期や品質保持期限がわかれば、なお確実です。パンフレットなどが備え付けてあれば、目を通してください。

精油の定義は、一部の例外(アブソリュートなど)を除き、「100%天然成分の揮発性植物成分」です。「ポプリオイル」はアロマテラピーには使いません。

一瓶の精油を作るためには大量の植物を必要とするため(1トンのバラから採れる精油は、わずか100~300グラム)、どの種類もある程度の価格はします。相場からあまり外れている製品は避けた方が無難です。
精油の市場には、今のところ「価格破壊」「デフレ」の波は押し寄せていませんし、今後も極端な価格の低下はないと思われます。

メーカーによって、一瓶の内容量が異なるので、価格と量を照らし合わせましょう。
スポンサードリンク
精油選びが基本です

アロマテラピーミニミニ情報

アロマテラピーのスクール

アロマテラピーの勉強をしてみたい、しかしたくさんありすぎて、どのスクールを選んだらいいのかわからなくなってしまうのが現状だと思います。
資料などに記載されている内容とは異なった記述がある学校もあるかもしれませんし、ご自身の目的によっても選ぶスクールが違ってくると思います。
最初にいくつか目的に合うような学校を探してみて、資料請求をしてみたり、体験入学があるようなスクールでしたら行って体験して直接確認してみるとか、趣味程度で探しているなら専門店などで週1位で行われている学習会みたいなスクールもあるので、調べてみるのもいいですね。

ライブラナチュテラピー
「ラィブラ香りの学校」の代表講師・林伸光氏が立ち上げたブランド。アロマテラピーとハーブの研究から得た知識をもとに、選りすぐりの植物種から採取したハイグレードな精油を提供。
グリーンフラスコ
アロマテラピーの普及を精力的に行う薬剤師・林真一郎氏の立ち上げたブランド。高品質を追求しながらも、簡易包装を試みるなどの工夫で、価格をできるかぎり抑えているのが人気の秘密。
ロバートティスランド
アロマセラピーの先駆者として世界的に著名なロバート・ティスランド氏が創立。彼自らが原料の探求、買いつけ、選び抜かれた精油の評価に長い歳月を費やし、精油の品質を管理しています。
 

※当サイトで紹介した団体や商品などでのご利用については、各自の責任においてお願い致します。
アロマセラピーは、医術や医学ではありません。
不明点や疑問点が生じた場合は、必ず専門機関にご相談されることをおすすめ致します。
また、妊娠中の方、重い病気の方、慢性的な病気のある方などは、事前に医師にご相談ください。
アロマテラピー・ガイドはメーカー、団体とは関係のない個人が運営しています。
アロマテラピー・ガイドサイトマップ | アロマサロン 口コミ | 小顔に見える!田中宥久子(たなかゆくこ)顔筋マッサージ・造顔マッサージの方法 | 納豆の美容効果 | クリスマスツリーとクリスマスリース | クリスマスケーキ | 母の日・花のプレゼント | ノロウイルスの予防と対策 |
初めての方からベテランの方まで役に立つアロマテラピーに関する用語事典・辞典