アロマテラピー・ガイドTOP アロマテラピー使い方 > 芳香浴その2「オイルウォーマー(アロマポット)で」

芳香浴その2「オイルウォーマー(アロマポット)で」

熱で精油を暖め、空気中に拡散させる方法です。芳香成分の揮発が、熱によってさらに促進され、比較的広い空間で芳香浴を楽しめます。熱源にロウソクを使うタイプが一般的ですが、電球の熱で暖めるタイプの製品もあります。

方法
  1. オイルウォーマーの上部の皿に、7~8分目ほど水を入れます。
  2. 精油を1~2適落とします。
  3. ロウソクを下部にセットし、火をつけます。電球タイプのものは、コンセントを入れ、スイッチをオンにします。
コツ・注意点
使う精油は、目的にあったもの、もしくは好きな香りで。
ロウソクタイプの方が拡散性・即効性があるが、安全面を考えると電球タイプに軍配があがる。自分のライフスタイルに合わせて、うまく使い分けると楽しい。
ロウソクを使う場合は、火気に十分注意すること。空だきも危険。
就寝前に行い、そのまま眠ってしまったことにより、火災の原因になったという事例もある。

アロマテラピーミニミニ情報

アロマテラピー効果

アロマテラピーの効果には、香りを楽しむだけではなく、心身のバランスを整えたり、不調などの調和をしてくれたりと、悩みなどにも効果があります。その日の気分で香りを変えてみるのもいいと思います。不思議なもので、その時に日によって好みの香りが変わる事があります。大抵そういう場合はその臭いが必要という心身の状態にあると思いますのでそういった変化を楽しんでみるのもいいかもしれません。

ヴェレダ
1922年に医薬品メーカーとして誕生したヴェレダの精油は、原料に野生や無農薬有機栽培による高品質のハーブを使用。厳しい検査をクリアした製品は、世界50か国で愛されています。
ロバートティスランド
アロマセラピーの先駆者として世界的に著名なロバート・ティスランド氏が創立。彼自らが原料の探求、買いつけ、選び抜かれた精油の評価に長い歳月を費やし、精油の品質を管理しています。
フランシラ
フィンランドのきれいな土壌と無農薬栽培、種から製品化まで徹底した管理のもと作られている精油。
 

※当サイトで紹介した団体や商品などでのご利用については、各自の責任においてお願い致します。
アロマセラピーは、医術や医学ではありません。
不明点や疑問点が生じた場合は、必ず専門機関にご相談されることをおすすめ致します。
また、妊娠中の方、重い病気の方、慢性的な病気のある方などは、事前に医師にご相談ください。
アロマテラピー・ガイドはメーカー、団体とは関係のない個人が運営しています。
アロマテラピー・ガイドサイトマップ | アロマサロン 口コミ | 小顔に見える!田中宥久子(たなかゆくこ)顔筋マッサージ・造顔マッサージの方法 | 納豆の美容効果 | クリスマスツリーとクリスマスリース | クリスマスケーキ | 母の日・花のプレゼント | ノロウイルスの予防と対策 |
初めての方からベテランの方まで役に立つアロマテラピーに関する用語事典・辞典