ジュニパーベリー

ジュニパーベリー 学名:Juniperus communis
科名:ヒノキ科
原産地:イタリア、ハンガリー、フランス、イタリア、カナダ
抽出部位:果実
抽出方法:水蒸気蒸留法
ウッディな中に、かすかに果実感を感じさせるライトな香りです。この実は、洋酒「ジン」の香りづけに使われることでもよく知られています。人の生活との関わりは古く、旧約聖書にも登場します。高い消毒性があり、伝染病の予防や魔よけとして重用されてきました。
こんなときに(個人差があります)
精神面 肉体面 美容面
リフレッシュ効果
気分の高揚
代謝の促進
発汗作用
利尿作用
むくみの改善
食欲の適正化
肥満の改善
皮脂バランスの調整
ニキビの改善

ブレンドしやすい精油
スイートオレンジ、グレープフルーツ、サイプレス、サンダルウッド、ゼラニウム、ベルガモット、レモングラス、ローズマリー
使い方
入浴○
マッサージ◎
吸入○
ルームフレグランス◎
湿布○

※◎向いている、○適量で、△低濃度で、×不向き

注意点
妊娠中・腎疾患のある人は使用しないこと。
腎臓の弱い人はとくに使用量・使用期間に注意すること。
この精油を使ってみましょう!
【ジュニパーベリー1ml単位 量り売り】アロマージュオリジナル エッセンシャルオイル

アロマテラピーミニミニ情報

アロマテラピーキャリアオイル

“エッセンシャルオイル”に“キャリアオイル”を使用してアロマテラピーは行われています。
「キャリアオイル」とはどういうオイルで、どのような理由で使われているのでしょうか?
キャリアオイルには、未精製タイプと精製タイプの2つのタイプが存在します。
数種類オイルがありますが、主に”植物油”となっています。
キャリアオイルの効果には、エッセンシャルオイル(精油)を希釈したり、栄養分の補給を皮膚へ行ったり、エッセンシャルオイル(精油)の成分を体内へ浸透させたり、肌の軟化作用効果があったり、油分でトリートメントをスムーズに行ったりという作用があります。
オイルの種類によっては、外傷(すり傷や切り傷)一般に有効な物や不要な角質を除去してくれる効果も期待できます。これは皮膚の生成(形成)が促進されるためです。

ル・ネール
ルドルブ・シュタイナーが提唱したバイオダイナミック農法(惑星などの動きに合わせて農作業をコントロールする農法)による植物などを原料としたアロマブランドです。
ヴェレダ
1922年に医薬品メーカーとして誕生したヴェレダの精油は、原料に野生や無農薬有機栽培による高品質のハーブを使用。厳しい検査をクリアした製品は、世界50か国で愛されています。
フランシラ
フィンランドのきれいな土壌と無農薬栽培、種から製品化まで徹底した管理のもと作られている精油。
 

※当サイトで紹介した団体や商品などでのご利用については、各自の責任においてお願い致します。
アロマセラピーは、医術や医学ではありません。
不明点や疑問点が生じた場合は、必ず専門機関にご相談されることをおすすめ致します。
また、妊娠中の方、重い病気の方、慢性的な病気のある方などは、事前に医師にご相談ください。
アロマテラピー・ガイドはメーカー、団体とは関係のない個人が運営しています。
アロマテラピー・ガイドサイトマップ | アロマサロン 口コミ | 小顔に見える!田中宥久子(たなかゆくこ)顔筋マッサージ・造顔マッサージの方法 | 納豆の美容効果 | クリスマスツリーとクリスマスリース | クリスマスケーキ | 母の日・花のプレゼント | ノロウイルスの予防と対策 |
初めての方からベテランの方まで役に立つアロマテラピーに関する用語事典・辞典