アボカドオイル

アボカドオイル 学名:Laurus Persea
科名:クスノキ科
主産地:南アメリカ、スペイン、イスラエル
採油部位:果肉
採油法:低温圧搾法
香り:やや強い、コクのある香り


「森のバター」と呼ばれるほど栄養価の高い食品として名高い、アボカドから採油されます。オイルにも、体内では合成されないビタミン・オレイン酸・レシチンなどを豊富に含みます。角質への浸透力に優れ、皮膚を柔らかくする働きがあります。やや香りと粘り気が強いので、全体の5~10%くらいの割合で他のベースオイルとブレンドすると使いやすくなります。

こんなときに(個人差があります) 乾燥肌、老化肌の保湿力を高める。
角質への浸透力に優れており、肌にうるおいと若々しさを与える。

注意点
漂白したものが出回っているが、アロマテラピーには不向き。精製度の低い緑色のオイルを選ぶこと。

アロマテラピーミニミニ情報

日本アロマテラピー学会

日本アロマテラピー学会は、アロマテラピーを医療に取り入れ、活用、応用する為に発足された研究団体です。
臨床医を中心に医療従事者で構成されています。
発足は1997年7月。「メディカルアロマテラピー連絡会」という名で活動をしていました。
同年11月、正式に「日本アロマテラピー学会」に昇格し本格的に活動を開始するようになりました。
ここで言う医療従事者とは医師、看護師、助産師、保健師、薬剤師、鍼灸師、栄養士などの方達を示しています。

ジュリーク
南オーストラリアの大地で、バイオダイナミックという徹底した無農薬栽培にこだわって原料を栽培。そのため、深く豊かな香りを放ち、パワフルな生命力を感じさせる精油です。
ガイア
新鮮な状態で製品を提供するために、世界各国の生産者から直接原料を仕入れて流通経路を短縮。変質や酸化を防ぐため、自社工場で1本ごとに窒素ガスを充填するなど、最善の工夫をしています。
フランシラ
フィンランドのきれいな土壌と無農薬栽培、種から製品化まで徹底した管理のもと作られている精油。
 

※当サイトで紹介した団体や商品などでのご利用については、各自の責任においてお願い致します。
アロマセラピーは、医術や医学ではありません。
不明点や疑問点が生じた場合は、必ず専門機関にご相談されることをおすすめ致します。
また、妊娠中の方、重い病気の方、慢性的な病気のある方などは、事前に医師にご相談ください。
アロマテラピー・ガイドはメーカー、団体とは関係のない個人が運営しています。
アロマテラピー・ガイドサイトマップ | アロマサロン 口コミ | 小顔に見える!田中宥久子(たなかゆくこ)顔筋マッサージ・造顔マッサージの方法 | 納豆の美容効果 | クリスマスツリーとクリスマスリース | クリスマスケーキ | 母の日・花のプレゼント | ノロウイルスの予防と対策 |
初めての方からベテランの方まで役に立つアロマテラピーに関する用語事典・辞典