ジンジャー

ジンジャー 学名:Zingiber officinale
科名:ショウガ科
原産地:中国、アフリカ、西インド諸島、ジャマイカ
抽出部位:根
抽出方法:水蒸気蒸留法
爽快感とぴりっとした刺激感を合わせ持つ、薬味としておなじみのショウガの香りです。日本でも毎日の食卓に欠かせないものとなっています。ジャマイカ産の原料から抽出された精油が、最も香りがよいとされています。
こんなときに(個人差があります)
精神面 肉体面 美容面
気分の高揚 鼻水の抑制
肩こり・腰痛の緩和
血行促進
保温効果
食欲増進
二日酔い・乗り物酔いの不快感緩和
打ち身の緩和

ブレンドしやすい精油
スイートオレンジ、スペアミント、カルダモン、カユプテ、キャラウェイ、クローブ、シナモンリーフ、ゼラニウム、バーベナ、マートル、ユーカリ、ライム、レモン、ローズマリー、ローレル
使い方
入浴○
マッサージ△(ごく少量で)
吸入◎
ルームフレグランス○
湿布○

※◎向いている、○適量で、△低濃度で、×不向き

注意点
皮膚に刺激があるので、使用量に注意すること。

アロマテラピーミニミニ情報

メディカルアロマテラピー

メディカルアロマテラピーとは、精油(エッセンシャルオイル)を肌に塗布することにより、風邪などの伝染性疾患、ニキビやアトピー性疾患などの皮膚疾患、鬱病やパニック障害、睡眠障害、不安症などの精神性疾患、消化器系疾患などの早期改善をオイルを肌からの直接吸収により治癒効果が期待されています。
その中でも、フランス式メディカルアロマテラピーは、香りの効果でリラックスするイギリス式のメディカルアロマテラピーとは違い、香りと、精油の力で体調が悪い方の病気とは認められていない症状を改善させたりする事が出来る代替医療になります。

プラナロム
ケモタイプ精油(成分を化学的に分析しているもの)の提唱者であるピェール・フランコムが設立。精油を医薬品と同等に考え、徹底した製品管理のもと、ヨーロッパで医療機関に精油を継続的に販売しています。
サノフロール
長年かけて研究してきた蒸留技術を駆使し、ベテランスタッフが常駐する自社工場で精油を製造。品質には定評があり、母国フランスはもちろん、日本の医療機関でも使用されています。1972年創設のフランスのブランド。オーガニックハーブの栽培から精油の蒸留までの一貫した製造体制が整います。
ライブラナチュテラピー
「ラィブラ香りの学校」の代表講師・林伸光氏が立ち上げたブランド。アロマテラピーとハーブの研究から得た知識をもとに、選りすぐりの植物種から採取したハイグレードな精油を提供。
 

※当サイトで紹介した団体や商品などでのご利用については、各自の責任においてお願い致します。
アロマセラピーは、医術や医学ではありません。
不明点や疑問点が生じた場合は、必ず専門機関にご相談されることをおすすめ致します。
また、妊娠中の方、重い病気の方、慢性的な病気のある方などは、事前に医師にご相談ください。
アロマテラピー・ガイドはメーカー、団体とは関係のない個人が運営しています。
アロマテラピー・ガイドサイトマップ | アロマサロン 口コミ | 小顔に見える!田中宥久子(たなかゆくこ)顔筋マッサージ・造顔マッサージの方法 | 納豆の美容効果 | クリスマスツリーとクリスマスリース | クリスマスケーキ | 母の日・花のプレゼント | ノロウイルスの予防と対策 |
初めての方からベテランの方まで役に立つアロマテラピーに関する用語事典・辞典